内助の功弁当日記

旦那さん弁当を作って13年目。愛犬ぷうちゃんとお弁当の写真を更新中。たまに愚痴。

| PAGE-SELECT |

不妊治療について

皆様おはようございます。

東日本は、雪が積もるほどの寒さ

と聞いてますが、


体調を崩されないでくださいね。


ところで、


不妊治療を最近まで

続けてきました。



この治療をいったんはじめると



どこで ふんぎりをつけたら


良いのやら



あやふやなまだらだらと


高額な治療を続けてきました。



この不妊治療でたくさん 学ぶことができました。


芸能人が 不妊治療で子供を授かった


とかいう話あります。



だからと言って 

他人は他人で、自分が妊娠



する確率はあがりません。










治療を行っている間は、


子供を見たり、他人が 子供ができたとかいう話を聞くと


喜んであげなきゃなんないのに、

逆に 苦しくなったり。。。。。


でも、


今は 素直にかわいいな とか


おめでとうとか言えますね。


だーりんに対しても 治療中は

「なんで私だけ こんな身体を酷使して


不妊治療をやんないといけないの!」という


想いが強くて ダーリンにいやな思いをさせる


ことが多々ありました。




でも 治療をやめたことで、彼に対してやさしく、感謝しながら生活を送れる気がします。



そして、


子供を自然に授かることができなかったら できなかったでそんな自分の



運命を受け入れる 強さ



決心も最近必要と思っています。

| 不妊治療 | 2012-03-25 | comments:3 | EDIT | TOP↑

不妊治療 休止

2人で話し合って、高度線先進不妊治療に頼ることはしばらくやめようと

いうことになりました。


内心とってもほっとしました。

1回の治療を終えるごとに


急速に 老化する自分を鏡で感じて 


次の治療に取り組むことに


恐怖を感じていたのです。





あ~旦那が納得してくれて 


良かった。


| 不妊治療 | 2012-02-20 | comments:0 | EDIT | TOP↑

子供がいる という認識を 修正していく作業

最近 自分よりわか~い芸能人のおめでたニュースを目にするたびに


また 先を越されたと思う日々。


ふと見たNHKの不妊治療の番組内で


専門家が


「不妊のカップルにはもうすでに子供がいるんです(想像上の)

子供ができない という現実を受け止めなきゃいけない作業をやっていかないといけない時期が

必ずやってくる」みたいなことを言っていました。


確かに と思いました。


不妊治療は 

その想像上の子供に会いたいがために 高い治療費や身体的、精神的きつい治療過程を


我慢して繰り返すしていくのかもしれない


と思いました。









| 不妊治療 | 2012-02-10 | comments:0 | EDIT | TOP↑

第4回目 採卵週の記録

 *迷惑コメントが入りやすいため本日は、コメント欄閉じます。すみません。

2月28日(月)
代わりに先週土曜日出勤し本日お休みをいただく。
4時50分 起床
5時45分 高速バス乗車

8時08分 博多着
8時35分 採血
11時15分 診察 明日の午後来院するようにとのこと。
     皮下注射フォリスチム200 セトロタイド0.25 HMG15
12時15分 帰り高速バス乗車 バスの中でおにぎり昼食。
17時   帰宅

3月1日(火)
10時35分 高速バス乗車
13時   博多到着
14時10分 採血
15時   診察 「今週土曜日に採卵の可能性」といわれる。
        「木曜日来院するように」とのこと。
     フォリスチム200、HMG200
16時46分 帰りの高速バス乗車
夜    週末 義父来るため前自宅マンション清掃
     居酒屋で食事

3月2日(水)
休養日

採卵に備え、会社に休みをいただく。
8時15分 だーりんに皮下注射を打ってもらう。フォリスチム200、HMG、フェリング150

3月3日(木)
4時30 起床
5時45分 高速バス乗車
8時08分 博多着
8時40分 採血
9時50分 診察
     「土曜日に採卵決定」
     採卵に備え自己注射、お薬の説明

12時  定期預金解約し顕微授精代金全額振込み 
12時15分 帰りの高速バス乗車

17時   帰宅
21時50分 最後の皮下注射「ゴナトロピン5000」

3月4日(金)

8時 出勤
14時30分 退社

15時30分 帰宅
17時   ぷぅを動物病院に預ける。
18時15分 高速バス乗車
20時30分 博多着
21時   回転寿司で1人夕食
     ほとんど眠れず。

3月5日(土)
8時10分 採卵受付
8時20分 エコー検査 卵胞確認
8時30分 体温、血圧検査
8時50分 消毒、、麻酔、採卵終了
採卵の順番待合室では、他の患者達はだんなさんと一緒に並んで待っていた。

     
寝不足のためか、麻酔のために口がしびれ意識朦朧となる。
9時   ベッドに寝かされる。
    痛む。
11時30分 院長による説明。「今日は安静に」といわれる。
12時30分 本日 長時間のバスに耐えられるか不安につきネットカフェでしばらく休養。
     
お金と時間、労力かけても良い胚ができるかわからない。

休みを頻回にとっても嫌な事を言わずに気持ちよく

病院に行かせてくれる職場の上司や(給料は決してよくないが)

治療にあたってくれている先生やスタッフのみなさんへ感謝している。
   




| 不妊治療 | 2011-03-06 | comments(-) | EDIT | TOP↑

うつうつ 

婦人科医「前回は、注射5本使ってる。 卵巣を休ませたほうがいいんじゃない?」

私 「仕事が忙しくなって来月は無理だから 今のうちにお願いします。」


待合室は、治療を待つ患者でいっぱいだった。

先生は ちょっといらいらそうに、

「じゃあ この針をさしますから 左と右のほうに麻酔かけますね」

とながい針を見せながら そう言って 処置をはじめた。


痛い。



「動かないで!」

風邪や生理による出血で

体調は良くなかった。

処置が終わると

事務的な説明があり


会計をして 寒い博多の街にでた。


次の約束の時間が午後4時半。

それまで 時間をつぶさなきゃ。


あ~ 横になりたい。
寒くてたまらないし、身体も頭も思うように

動いてくれない。


あてどなくとぼとぼと歩いた。

このまま倒れたら 誰か病院に連れてってくれるかなあ


なんて思いながら
予約してある いつもの病院まで

2時間かけて

歩いた。


どこか喫茶店に入るのも

億劫だった。

とにかく横になりたい。


そして


予定より1時間半も前に 予約をしている病院へついた。

この病院に通って

もう2年。

気さくなK先生がずっと変わらず

私を 


診てくれている。

受付で何を言ったか覚えていないが

気づいたら

ベッドに寝かされて

変わる がわる 看護師さんやら

受付の女性やらK先生が

「大丈夫?」と声をかけてくれた。


熱があったらしい。


悲しくないのに


なぜか涙がでてきて止まらなかった。



本当は、




不妊治療、つらい。

でも 誰もわかってくれないし、わかってもらおうとも思わない。

だから 明るく 「治療してます、まただめだった がんばります!」

ってでも

それも本当はつらくて


そうしていると 周囲の言葉に


きづつき

きづつかないで済むところを

さがし

さまよい歩き続け

そして


自分の苦しみを わかってくれる場所が

あったんだ~って

涙がとまらなかった。



| 不妊治療 | 2011-02-16 | comments:3 | EDIT | TOP↑

| PAGE-SELECT |