内助の功弁当日記

旦那さん弁当を作って13年目。愛犬ぷうちゃんとお弁当の写真を更新中。たまに愚痴。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

改善

医師「だいぶ良くなりましたね。お薬を替えておきましょう。」


  「もう少しというところでしょう」








8月に悪化した体調は

改善傾向にある

しかし

不眠は続いている。


1つきがかりがある。


姑の体調や心


姑「体調が悪い・・・K(まい だ~りん)はいる?」と


出張ご帰還後のだ~りんに相談の電話

その後、

姑は

すぐさま病院に行ったと聞いた。

昨夜は だ~りんは当直で留守だった

かわりに

心配で姑に電話した



私「大丈夫でした?」



姑「ストレスみたい。A先生がKのことをほめてくれてね



立派な先生だ・・・とうれしくってね」



(そうかい そうかい)












病は気から


かかりつけの医師が我が息子のことを褒めてくれたことが最高のお薬になったようだ。




デリケートで心配性の姑


だ~りんのことをあれやこれやと心配し、ストレスがかかったのだろう。


一安心した。


御年80


お年寄りに対しては、


言葉に気を付けて接してあげなければならない。









自分の体調も改善してきた



10月からスタートする後期の授業のための資料や


提出書類作成を始めなければ


相当ヤバイのだ。




皆様「まだ ぬっかで、だれやれんごんな~ 」薩摩弁で「ご自愛くださいませ」



回復

「パパのお迎えに行ってきま~す」


| その他 いろいろ何でも記事 | 2012-09-08 | comments(-) | EDIT | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT