内助の功弁当日記

旦那さん弁当を作って13年目。愛犬ぷうちゃんとお弁当の写真を更新中。たまに愚痴。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

時差ボケ

長いような短いような旅が終わった。

時差ぼけがなおらない

し、家事と授業がたまって

いらいら。



だんなからは、彼の仕事のトラブルことで、わけもなくあたられるし

いろいろとばかにされるし(ほぼストレート一流校出身の彼は 苦学組3流の私をばかにすることで

唯一うさばらしあるいは優越感をえるらしい)


心臓がばくばくした。

だんなの親戚から

お歳暮が どんどん届いてそれの対応やら

私自身のたまった補講の重なりやら

こんな 師走の時期に 人に合わせて無理して遠い国に行くことはなかったかもしれない。


崩れそうになった我が家を見た母は

泣いてうったえる

「もう少し ましな家に住ませてもらえないの

あんな ところできばっちょちょ思えば なんだ(涙)が出てきた」

人の幸せや評価は

住んでいるところでは決めることはできない。

あちらの両親が

息子のために環境を整えてあげてください


懇願した上に

年寄りの行き先がなかったら

譲ってあげるべきだ。

バスで席をゆずるのとなんら変わらない。

恥ずかしいところに住んでいるとは

思ってないし

いいことをしたと今でも思っている。




でも

実は、

だんなとその両親に対し、言葉等

顔色うかがい びくびくしている

自分

最近思う。

ひけめを感じさせられるような

空気があるのかもしれない。


心臓が ばくばく

早死したら、高倉建の映画ではないが

「故郷の海に散骨してください」



あ~、またまたネガティブ シンキングが始まった。


まあ 米国で珍しいものをみれたから よかった。

しかし NYPD(市警)は、かっこよかった。

若ければ、身体をきたえて もっともっと英語を勉強して、NYPDかFBIの一員になりたかったと、ばかげたアメリカンドリームに逃避する私


タイムズスクエア2 (1)
タイムズスクエア
NYPD2.jpg
いたるところにニューヨーク市警


supaidaman.jpg
ブロードウエイのスパイダーマン なぜか交通整理をしていた

P1060703.jpg
帰国後 初だんなの弁当

| その他 いろいろ何でも記事 | 2012-12-14 | comments(-) | EDIT | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT