内助の功弁当日記

旦那さん弁当を作って13年目。愛犬ぷうちゃんとお弁当の写真を更新中。たまに愚痴。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

おんじょんぼ弁当


7月31日だ~りん弁当意味なく

「おんじょんぼ弁当」

夫婦のことを鹿児島弁で「おんじょんぼ」という

他方、

おじいさんのことをこの言葉の語尾の“ぼ”はずし

「おんじょ」という。

私が小さい頃、現在のような「介護保険制度」もなく

祖母と母が交代で下半身麻痺の祖父を在宅介護をしていた。

手足耳の不自由な祖父がそそうすれば

「こん おんじょが(怒)またひっかぶって !」(このじいさん、またそそうをして)

とよく叱っていた。


「おんじょ」・・・・


その他の用法は

「おんじょくさか」等々。。。。


ところで先週のこと


舅と姑がだ~りんの持病が

「ストレス」だから

嫁の私に その持病について特集をやっている健康番組を見ろといきなり電話で指示してきた。

テレビをつけると


「引越し」
「睡眠不足」
「すべてはストレス」
などのキーワードが目に飛び込んできた

私がストレスをかけているということか・・・・?

結婚して私は私なりに

精一杯 夫を支え 夫親の言うとおりにしてきたつもり。

結果がでなかったので

それが 


ストレスをためるような家庭を作った私の責任だと

言われたような気がして

カナヅチで頭を打たれたような気分だった。



だ~りんはその時不在。

これは、久しぶりの子離れできないおんじょんぼ急襲であった。



息子のストレスを解消してあげたい嫁に指示する
嫁にストレスがかかる私達の家庭が暗くなる息子(だ~りん)にストレス夫婦仲悪化


この思考過程の欠如


高齢だから、子離れできないんですね と割り切れればいいのだが



嫁という立場上、複雑な気持ち。


自身人間ができていないと 思うのだが、





高齢おんじょんぼ 息子のため攻撃は  3対1少数派 立場 嫁としてきついものがある。


だんなは言い返せというが 権力があるものが色々言うから「パワハラ」という言葉がある。


だんなを産み育てた両親と考えれば  あとがまの嫁は 黙るしかないし、


だんなも結局 分かってくれないから

病んでいく。



高齢おんじょんぼとどう向き合うか

未来を考えると「我慢」するしか解決策はない。

IMG_0286.jpg
They are so nagging father-in-law and mother-in law that I suffer from mental disorder. I will find some ways to ease their blaming.

| 肉類 | 2013-07-31 | comments(-) | EDIT | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT