内助の功弁当日記

旦那さん弁当を作って13年目。愛犬ぷうちゃんとお弁当の写真を更新中。たまに愚痴。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ほっこり塩麹豚蒸し弁当

10月11日 だ~りん弁当「ほっこり塩麹豚蒸し弁当」
ほっこり塩麹豚弁当
塩麹豚蒸し
1 豚細切れを夕べからスプーン大1の塩麹をまぶしてつけておく
2 もやしとピーマンをストウブの下にひき 豚肉を上からかぶせるようにおく
3 最初強火で5分 あとは蒸らす

鳥手羽の甘辛く煮

今週の作り置きおかずで楽チン


キッチンと私の腰の高さが合わず 持病の膝、腰痛がひどく痛む


調理の道具の1つのキッチンカウンターを

引っ越すときに だ~りんが「捨てろ」

といった。 


両親がまだ元気なときに買ってくれた


キッチンカウンター。


母が 田舎からわざわざ送ってくれたものだったけど

だ~りんが 新居にもっていくといったら


変な顔をしたので

仕方なく捨てた。



身体に合わないキッチンで 包丁で切ったり、

鍋をとったり 冷凍庫をあけたり 


食器をとったり 


身体を曲げたり 伸ばしたり



足腰に負担が大きく


本当に 本当に辛い。


だ~りんが 食器を運ぶのを手伝ってくれるとか 


してくれたらいいんだけど


どかっと座ったまま。


「腰が痛い」といったら


「引っ越す」か「テーブルを買え」


台所にたつ主婦の気持ちをなんらわかっていない。


金を出せばすむ話だといわんばかり





どんだけ 

あれこれ 工夫して作った手料理が


日々のストレスを解消して心身共に健康をキープしてくれている


のか 彼は全く分かっていない。


まるで 自分が稼いでやってるおかげで


きれいなマンションに引っ越して

まだ文句があるのかと

いわんばかりの言動。


誰のために料理をしてるのか


わかっていない。

独り暮らしだったら 


自分の仕事をしながら


悪い足腰を酷使して






キッチンを使うこともない。


買ってきたものですませる。


膝が悪くなったのも 


結婚して いろ~ んなストレスがかかったから



結婚当初から 気づいていたが


俺は たくさん稼いでいるんだ みたいな


(妻は いぜん ワーキングプア)



傲慢なところが 



とってもムカつく



ひざいたぷぅ
I am suffring from my knee pain.

| 肉類 | 2013-10-11 | comments(-) | EDIT | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT